1971年 カルビー 仮面ライダー カードの歴史はここから始まった !!

カルビーカード

1971年 カルビー仮面ライダースナック新発売

1971年、カルビー製菓から”カルビー仮面ライダースナック”が発売され全国的に仮面ライダーカードブームが巻き起こりました。1袋20円の甘い味の焼菓子を買うと1袋に1枚おまけカードがついていて、発売当初はカードの表面に”毎日放送 NETテレビ 他14局ネット/提供 カルビー製菓”と表記された通称”表14局”と呼ばれる60番までで、最終的には546番まで発売されました。ピーク時には全国で一日100万袋売れていたそうなので、物凄い人気だったということが想像できます。

発売当初は首都圏が中心でしたが翌年には全国に展開し各地で売り切れが続出しました。しばらくして”カルビースナック仮面ライダー”と改め、同時に他の特撮ヒーロー、アニメ商品を発売しました。
この時期に発売された代表的なものは”仮面ライダーV3”、”ウルトラマンA”、”変身忍者嵐”、”マジンガーZ”、”樫の木モック”等が有名です。子供心をうまくついたこれらの商品は全国で社会現象になりました。

その一例としては、お菓子そのものではなく、おまけのカード欲しさから大量に購入した子供達が食べきれないお菓子を公園などに棄ててしまう行為が全国各地で横行し、学校によってはライダースナックを買う事を禁止されたほどでした。以上の事は子供文化史のある一時期を代表する出来事といえます。

私は1970年生まれでほんの少し年代がずれていますので、仮面ライダーカードの思い出といえば小学生の頃、友達のお兄ちゃんが持っているのを見せてもらったりしたくらいしかありません。

コレクター泣かせの仮面ライダーカード

カルビー仮面ライダーカード収集はとにかく厄介です。厄介なだけにヘビーコレクターが集まるカテゴリーでもありますしヤフオク等では今でも盛んに取引されている人気のカテゴリーです。通し番号が546番までなので546枚集めたら終わりでしょ?なんて単純な考えで収集を始めると全財産を失うことにもなりかねません。“異種カード”といわれるカードが多く存在するからです。これから収集をお考えの方はよく考えてから計画的に始めましょう!。ちなみに私は新車の高級外車が余裕で買えるくらいの金額をつぎ込みました。(笑)

では何が厄介なのか?大まかにザックリとコレクションカテゴリーを下記に記載してみます。

・表14局
・表25局
・旧明朝・旧ゴシック・新明朝・新ゴシック
・ラッキーカード
・印刷エラーカード
・同じ番号のカードなのに図柄、文字の書体や写真の向き、トリミングが違う
・カード裏面の文字が違う
・色違い
・菓子箱
・菓子袋
・未開封カード
・カードアルバム

などなど、実際にはまだまだありますがこれくらいにしておきます。実際に収集を始めるとアレも欲しい、コレも欲しいってなりますよね? より良い状態のカードが欲しくなったりもします。気持ちは良く分かります。コレクター魂に火が付くと熱くなってしまいますから。仮面ライダーだけでもヘビーなんですが、私の場合仮面ライダーV3、ウルトラマンエース、マジンガーZ、プロ野球カード等も同時進行だったので大変でした。

仮面ライダーカードは、奥が深く最も人気のあるカテゴリーですし、流通枚数が多いので現在もヤフオク等でたくさん出品されています。また、コレクターも多いのでネットから簡単に情報が手に入りますので楽しく集めることができるはずです。

この記事を読んでいるアラフィフのお父さん達! 子育ても落ち着いて、会社ではそこそこのポジションで、給料もそこそこ稼いでいる貴方!そうです貴方です。あの頃にタイムスリップしてみませんか?

※ハマってしまっても当方は一切の責任を負いません。収集の際は良く考えて計画的に始めましょう!!

では、今回はこれくらいで失礼します。最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

皆様へご案内とお願い

当サイトを訪問していただきましてありがとうございます。当サイトは常に完成度の高い情報サイトを目指していますので予告なく記事の修正・追加・補足・削除等を行っています。 すでに公開されている記事において”異議アリ!!” とか ”それは違うでしょ?!”とかありましたら是非連絡をください。内容を拝見したうえで信頼性が高いと判断しましたら修正させていただきます。ググっても出てこないような貴方しか知らないレアな情報もお待ちしています。

コメント